文化庁、MOA美術館を文化観光拠点に認定 美術館を拠点にした観光振興を支援

文化庁は11月18日、博物館や美術館、遺跡といった文化施設を拠点に地域への観光客増加を図る自治体や美術館などの計画15件を認定したと発表した。国宝「紅白梅図屏風」など国宝3点、 重要文化財67点を含む約3500点を所蔵する熱海市の MOA美術館(岡田茂吉美術文化財団)が認定され、市や観光、商工団体などと連携しながら同美術館を中核として観光振興を支援する。
その第一弾として、 同美術館では、紅葉ライトアップと熱海海上花火大会をセットにしたナイトミュージアム(12月6日)、元サッカー日本代表の中田英寿氏をゲストに迎えたトーク「工芸と食」(12月4日)、紅葉と国宝「紅白梅図屏風」の特別展示(12月4日〜12月13日)などを開催する。
計画認定は8月(10件)に続き2回目。5月に施行された文化観光推進法に基づき、国は経費の一部を補助する。

紅葉の名所としても知られる同美術館の「茶の庭」には、茶室「一白庵」「樵亭(しょうてい)」や「光琳(こうりん)屋敷」の周りに約60本のノムラモミジ、イロハモミジなどのカエデ類が植えられている。急激な秋の深まりで日ごとに赤や黄に色づき、ピークを迎える今月末から12月上旬には庭園を錦秋に染め上げる。11月28日、29日、12月4日、5日は開館時間を延長して紅葉のライトアップを行う。
(熱海ネット新聞)
紅葉の写真=11月18日撮影

https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunka_gyosei/bunkakanko/pdf/92656701_01.pdf

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-2

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 1人は県内陽性者の濃厚接触者

    静岡県は12月2日、熱海市で新たに2人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1人は高齢者男…
  2. 2020-12-2

    コロナ対策に活用して 熱海市に消毒液寄贈 熱海南ロータリークラブ

    熱海南ロータリークラブの岸秀和会長と大舘節生幹事は12月2日、熱海市役所を訪れ、創立60周…
  3. 2020-12-2

    師走の熱海市 日本最速で春景色 日本一美しい通学路、さくら満開

    県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備した「さくらの…
  4. 2020-12-1

    熱海市の高齢者がコロナ感染 感染経路は調査中 市46例目

    静岡県は12月1日、熱海市に住む高齢者(65歳以上)の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。…
ページ上部へ戻る