【観光】「思いのまま」が開花、ファイナルステージに

472本ある梅の木で最も人気が高い遅咲きの「思いのまま」がユニークな花を開かせた。1本の木に紅梅と白梅が混在して咲く珍しい品種で、育てている人の希望などまるで気にせず思いのままに咲き分けるのでその名がついた。熱海梅園には6本植えられており、「輪違い」ともいう。
八重の白梅の木に、ところどころピンク色の花が開いたり、1輪の中にピンク色の花びらが混じったりして毎年姿を変える。この梅が開花したことで、梅まつりはファイナルステージに突入-。

IMG_6536ss

IMG_6534ss3toppu21

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-10-25

    参院静岡補選 野党系・山﨑氏が当選 熱海市では自民・若林氏リード

    岸田政権発足後初の国政選挙で、衆院選の前哨戦として注目された参院静岡選挙区補選が10月24日、投開票…
  2. 2021-10-24

    有料花火化の実証実験 熱海花火フェス、「1人1万円」チケットが即完売

    熱海市内の花火大会を手がけるイケブン(静岡県藤枝市)は10月23日、熱海湾で「SHIZUOKA・…
  3. 2021-10-23

    来宮神社と厄年奉賛会 延期した「浜降り神事」11月23日開催を発表

    来宮神社と厄年奉賛会「令和絆楠會(れいわはんなかい)」は10月22日、コロナ禍と伊豆山地区の甚大な土…
  4. 2021-10-23

    “秋のビール祭り”始まる コロナ禍で延期した「春夏開催分」を代替開催

    新型コロナウイルス感染拡大防止などで延期していた春、夏の「あたみビール祭り」が10月23日と24日の…
ページ上部へ戻る