【観光】来月11日の「海開き」の準備着々 市県連携で熱海サンビーチをお化粧直し

来月11日の「海開き」に備え、熱海サンビーチで花の植え替えや砂浜の整地が始った。ジャカランダが見ごろを迎えた渚親水公園のお宮緑地では市職員など6人が、夏の暑さに強いニチニチソウを植栽。ムーンテラス入口では熱海土木事務所が砂浜を整地。市と県が連携して海開きの準備を続けている。
市内の長浜海水浴場や網代温泉海水浴場の人気も高まり、熱海サンビーチの海水浴客は平成22年をピークに減少傾向にある。しかし、今夏は国内最大級の海上遊具を使ったビーチアスレチック「サンビーチ・ウオーターパーク」がオープンすることから、最高の人出が期待されている。

全体IMG_0008ss客 工事 工事2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-6-14

    「ほたる鑑賞の夕べ」の人出、13日間で2497人 最高は12日の535人

    熱海市観光協会は6月14日、2年ぶりに開催した「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(6月1…
  2. 2021-6-12

    青紫ジャカランダ、ライトアップで幻想的 週末の若者たちを魅了

    「ATAMIジャカランダ・フェスティバル2021」開催中のお宮緑地(熱海市東海岸町)でライ…
  3. 2021-6-12

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 無症状のまま検査で判明

    静岡県は6月12日、熱海市に住む高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。性別…
  4. 2021-6-10

    岩井氏が熱海入り、街頭演説に500人 齋藤栄市長も支援表明…動画あり

    6月20日投開票の知事選に立候補した前参議院議員の新人岩井茂樹氏(53)は9日午後6時半か…
ページ上部へ戻る