【社会】線路下の敷石が陥没、「熱海-伊東」2時間運休

16日午前10時ごろ、JR伊東線の宇佐美駅近くで、線路の下の砂利が深さが50センチ陥没しているのをJRの作業員が見つけた。JR東日本は熱海-伊東間の全線で午前10時すぎから午後1時前まで運転を見合わせ、復旧作業を行った。上下12本が運休、2500人の足に影響が出た。
線路の下に川が流れていることから、ここに線路下の砂利が流れ込んだおそれもあるとみて詳しく調べている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-17

    熱海市で「百八体流灯祭•送り火」3年ぶり全面点火も深刻な担い手不足

    熱海市のお盆の伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時から長浜海岸で…
  2. 2022-8-17

    「伊豆山復興」祈り込め、熱海・長浜海岸で灯籠流し 

    熱海市の長浜海岸で8月16日夜、お盆の風物詩「灯籠流し」が行われた。多賀湾に400個の淡い光…
  3. 2022-8-17

    網代温泉海上花火大会に1万人 2年ぶりのお盆開催 夏の風物詩が復活

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時30分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会主催)が開…
  4. 2022-8-16

    伊豆山土石流 遺族らが齋藤市長を告訴・告発、市長選を前に異例の事態

    昨年7月3日の熱海市伊豆山で起きた大規模土石流を巡り、犠牲者遺族ら4人が8月16日、齋藤栄市長(59…
ページ上部へ戻る