【社会】線路下の敷石が陥没、「熱海-伊東」2時間運休

16日午前10時ごろ、JR伊東線の宇佐美駅近くで、線路の下の砂利が深さが50センチ陥没しているのをJRの作業員が見つけた。JR東日本は熱海-伊東間の全線で午前10時すぎから午後1時前まで運転を見合わせ、復旧作業を行った。上下12本が運休、2500人の足に影響が出た。
線路の下に川が流れていることから、ここに線路下の砂利が流れ込んだおそれもあるとみて詳しく調べている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  2. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
  3. 2021-5-4

    飲食販売テークアウトで「GW特設市」 コロナ禍のイベント開催に一石

    熱海市の多賀観光協会は5月1日〜5日までの5日間、長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」…
  4. 2021-5-3

    知事選•岩井氏支援の勝俣衆院議員、藤曲県議の熱海遊説中止 交通渋滞で

    自民党静岡県連が5月3日に熱海市で予定していたキャラバン遊説は、GWの交通渋滞のため、中止になった…
ページ上部へ戻る