【ゴルフ】キタ―! 昨年Vの渡辺彩香が3位発進

◇アクサ・レディース第1日(27日、宮崎県UMKCC=6494ヤード、パー72)
昨年優勝の渡辺彩香(21)=ユピテル=が4バーディ、ノーミスの68で回り、酒井美紀とともにトップに1打差の3位で発進した。イ・ボミ(韓国)とO・サタヤ(タイ)が5アンダーの67で首位。2週連続優勝を狙う飯島茜は1アンダーの16位。開幕戦以来の出場となった香妻琴乃はイーブンパーの30位。

相性とはこういうものなのだろうか。開幕から3戦連続予選落ちと苦しんでいた渡邉彩香が、これまでとはまるで別人のようなゴルフを展開した。「アイアンショットは自分の距離をイメージ通りに打てるようになった」と、全般的にショットは安定し、グリーンを外したのは数回だけ。「ティーショットも良かった。飛距離も出ているし、薄く当たっても、前より飛んでいた」と、ドライバーも完全に復調。しかも進化を遂げている。今までの渡邉は何だったのかと、思ってしまうほどだ。

それは、舞台が大きく作用しているように感じる。「ここは一番好きなコースと言ってもいいコース。今まで調子は悪かったけど、コースに着いた時になんか楽しみだと感じました。昨年優勝したし、良いイメージだけ持ってやれている」。渡邉を蘇らせたのは、このコースだったからと言ってもよい。巡り合わせの妙。なんだか、すべて渡邉のためにお膳立てされているような気がしてならない。
文と写真=LPGA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-18

    熱海土石流 58億円賠償求める裁判始まる 前・現所有者側争う姿勢

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した土石流災害をめぐり、崩落した盛り土のあった土地の前・現所有者ら8人と…
  2. 2022-5-18

    難波副知事「行政の対応不十分、深く反省」 熱海土石流の第三者委報告で

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した大規模土石流に関する静岡県の第三者委員会が、「最悪の事態の想定をでき…
  3. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  4. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
ページ上部へ戻る