【市政】地方創生のお手本、斉藤市長が熱海市の事例紹介

先進的事例を参考に全国の自治体などがいかに地方創生に取り組むかを考える「地方創生事例研究会」が9日、東京・虎ノ門ヒルズで開催された。ゲストに招かれた斉藤栄市長が「交流人口増加・日本版DMO(地域経営)の実働に向けて」をテーマに壇上に上がり、400人の聴衆を前に熱海市が取り組む「地方創生」の事例を発表した。
市長は、熱海市の観光がどのような要因で低迷し、それを打破するためにいかに観光まちづくりやシティプロモーションに特り組んできたかを説明し、「ADさんいらっしゃい」や「意外と熱海プロジェクト」の具体例を挙げ、交流人口を増やした成果を紹介した。
内閣府まち・ひと・しごと創生本部事務局の村上敬亮参事官の「地方創生へ向けた具体的アクションと方向性について」の基調講演に続いて発表した。
◆他の事例発表
・千葉県流山市=ママの夢実現のための創業スクールなど。
・熊本県山都町、京都府京丹後市=農業ビジネス、販路開拓など。

井上貴至ブログ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  2. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  3. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  4. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
ページ上部へ戻る