【市政】寄贈カレンダーの無料配布に280人 好みの3点持ち帰る

カレンダーの入手が困難な高齢者や市民に無料で配布する「ニューイヤー・カレンダー・リサイクルフェア」が1月5日、熱海市総合福祉センターで開かれた。今年は市と県をはじめ、民間事業者、建設業組合、市民などから一般カレンダー(762)、日めくり(10)、一枚物(35)、卓上(368)、ダイヤリー(8)、手帳(67)の1250点の2017年版カレンダーが同センターに寄せられた。来場者は1人3点まで好みのカレンダーを選んで持ち帰った。
今年で19回目の人気フェア。開場の午前10時に希望者が列を作ったことから、入場整理券を配り、30人ずつの入場制限を実施。終了の午後3時までに280人が訪れた。残りは同センターで希望者に配布する。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る