【社寺】網代・大縄海岸で「どんど焼き」、無病息災を祈る

正月飾りを焼く「どんどん焼き」が熱海市内の各地域で行われているなか、網代・大縄海岸では16日、和田木地区の「和田木親と子の会」が「どんど焼き」
(どんどん焼き)を行った。
砂浜に正月飾りやだるま、しめ飾りなどを積み上げた高さ約20メートルのおんべを設置。消防関係者が見守る中、地域住民や観光関係者らが燃え上がる火を囲みながら、今年一年の無病息災を願った。会場では同会メンバーが参加者に豚汁をふるまい、厄よけとされる焼いた竹は、細かく割って配った。
40年余り続いている行事で、初代会長の川口市雄さん(前市長)や川口覚和田木町内会長、川口健網代温泉観光協会長らも駆けつけた。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-6-29

    伊豆山土石流 齋藤市長「行政に不備があった」遺族に初めて謝罪

    熱海市伊豆山の土石流災害の発生から来月3日で1年を迎えるのを前に齋藤栄市長が6月27日夜、被災者や遺…
  2. 2022-6-27

    大相撲 熱海富士、東十両6枚目に=名古屋場所番付発表

    日本相撲協会は6月27日、大相撲名古屋場所(7月10日初日・ドルフィンズアリーナ)の新番付を発表した…
  3. 2022-6-27

    自民・勝俣衆院議員、熱海駅で上田候補(公明比例)の応援演説

    自民党の勝俣孝明衆院議員(静岡6区)は6月27日、JR熱海駅前で開かれた参院選比例区の上田い…
  4. 2022-6-24

    新組合長に小笠原亜紀子さん(芸名美保)、熱海芸妓置屋連合組合

    熱海市内の芸妓置屋でつくる熱海芸妓置屋連合組合は6月23日、熱海芸妓見番で2022年総会を開き、22…
ページ上部へ戻る