【社寺】189年ぶり、獅子修復 鮮やかな緑よみがえる

熱海市の下多賀町内会(高木洋明会長)は、下多賀神社の獅子を189年ぶりに修復した。獅子は雌雄合わせて4つあり、そのうち3つは189年ぶり、残り1つは50年ぶり。17、18日の例大祭で初めて披露され、雨宮盛克宮司がお払いし、御神幸行列では子供たちの頭や手にかみついて、家内安全や無病息災を祈願した。
また約70年ぶりに大太鼓の皮を張り替え、白衣とはかまも50年ぶりに新調した。

獅子入り

宮司

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  2. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
  3. 2022-8-9

    行動制限のないお盆休み近づき、熱海海上花火大会は全盛期の賑わい

    (さらに…)…
  4. 2022-8-8

    花火大会の当日効果 熱海サンビーチ、家族連れらの宿泊客でにぎわう

    熱海海上花火大会が開催された8月8日、熱海サンビーチなど市内3海水浴場は、東京、神奈川からの観光客で…
ページ上部へ戻る