【経済】無閉塞型プロペラ水車の実証実験報告 

再生可能エネルギーの普及を目指す「熱海グリーンエネルギー推進協議会」(井手由起雄会長)は15日、熱海市桃山町の救世会館ホールで第2回シンポジウムを開き、熱海市の地域特性を生かしたグリーンエネルギーの可能性を探った。

同協議会では、昨年8月から糸川上流に流れに置くだけで発電する「小型水車無閉塞型プロペラ水車」を設置して実証実験を続けている。当初、落ち葉などのごみで水車がつまる技術的な課題が懸念されたが、実証実験では「中空径(プロペラ内部の穴の大きさ)が75ミリ以上あれば、無閉塞運転が可能だった」という。

名古屋大学エコトピア科学研究所の内山知美客員教授をコーディネーターにパネルディスカッションも行い、信州大の池田敏彦名誉教授、県エネルギー政策課の高畠英治課長らが参加してグリーンエネルギーの可能性について意見を交わした。

kawa

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-8

    世界の名バラ600種、4千株が見ごろに アカオハーブ&ローズガーデン

    熱海市の観光名所「アカオハーブ&ローズガーデン」で約600種類の色鮮やかなバラが見ごろを迎…
  2. 2021-5-8

    来年4月にDMO設立 10月に宿泊税導入 熱海市、6月市議会に条例案提出

    熱海市は5月6日、第7回熱海市観光戦略会議(座長・齋藤栄市長)を市役所で開き、DMO(観光地域づく…
  3. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  4. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
ページ上部へ戻る