【経済】無閉塞型プロペラ水車の実証実験報告 

再生可能エネルギーの普及を目指す「熱海グリーンエネルギー推進協議会」(井手由起雄会長)は15日、熱海市桃山町の救世会館ホールで第2回シンポジウムを開き、熱海市の地域特性を生かしたグリーンエネルギーの可能性を探った。

同協議会では、昨年8月から糸川上流に流れに置くだけで発電する「小型水車無閉塞型プロペラ水車」を設置して実証実験を続けている。当初、落ち葉などのごみで水車がつまる技術的な課題が懸念されたが、実証実験では「中空径(プロペラ内部の穴の大きさ)が75ミリ以上あれば、無閉塞運転が可能だった」という。

名古屋大学エコトピア科学研究所の内山知美客員教授をコーディネーターにパネルディスカッションも行い、信州大の池田敏彦名誉教授、県エネルギー政策課の高畠英治課長らが参加してグリーンエネルギーの可能性について意見を交わした。

kawa

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  2. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  3. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
  4. 2023-1-20

    「青少年育成に役立てて」 熱海ゆかりの2人が市に4800万円寄付

    岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」に取り組む中、1月19日、熱海市にゆかりのある2人が「市…
ページ上部へ戻る