【編集室】市長、職員らの給与引き上げ、長老山田議員が「怒りの待った」

熱海市議会2月定例会が26日、開会した。初日本会議には、一般会計予算など34案件が上程された。上程案の内、熱海市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例(議案25号)を先議し、原案通り全会一致で可決した。一般職員の月給は平均で0・36%、ボーナスは現行の4・1カ月から4・2カ月と0・1カ月分増額する。特別職・教育長、市議のボーナスも0・1カ月分上がり、現行の4・1カ月から4・2カ月になる。支給総額はおよそ1800万円。
採決に当たり、山田治雄議員(民主党・市民クラブ)が反対の立場から討論を行った。山田氏は「当局の条例改正案は非正規、すなわち臨時職員は適用されていない。熱海市は正規職員のみ賃金をアップするのか。臨時職員の給与は平成20年以降引き上げを全く行っていない。非正規職員はカヤの外、極めて冷淡といわざるを得ない」。
斉藤栄市長が「人事院勧告を臨時職員に適応しないという決まりはないが、国家公務員の一般職でも臨時職員全般は含まれていない」と答弁。これに山田氏は「一般職に臨時職員は入っていないというが、地方公務員法では臨時職員も含めて一般職とある」とかみついた。
国会で安倍晋三首相が正規・非正規の雇用形態にかかわらず、同じ仕事には同じ賃金を支払う「同一労働同一賃金」の実現を表明しており、市議会も伯仲した。しかし、そこは市長擁護派の長老議員。最後は市長から「平成28年度において、臨時職員の賃金改定のルールを作りを行い、当初予算を措置したうえで平成29年4月分より(賃金アップを)適用していきたい」の言質をとって矛(ほこ)を収めた。
同議案はこれで原案通り全会一致で可決したものの、傍聴席の市民からは同じ仕事をしながら、正規職員に対し賃金が6割弱とされる臨時職員の賃金について「格差を圧縮する議論をもっとして欲しかった」の声が聞かれた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-10-24

    有料花火化の実証実験 熱海花火フェス、「1人1万円」チケットが即完売

    熱海市内の花火大会を手がけるイケブン(静岡県藤枝市)は10月23日、熱海湾で「SHIZUOKA・…
  2. 2021-10-23

    来宮神社と厄年奉賛会 延期した「浜降り神事」11月23日開催を発表

    来宮神社と厄年奉賛会「令和絆楠會(れいわはんなかい)」は10月22日、コロナ禍と伊豆山地区の甚大な土…
  3. 2021-10-23

    “秋のビール祭り”始まる コロナ禍で延期した「春夏開催分」を代替開催

    新型コロナウイルス感染拡大防止などで延期していた春、夏の「あたみビール祭り」が10月23日と24日の…
  4. 2021-10-23

    静岡6区、第3の候補「維新山下氏」が熱海で街頭演説

    10月31日投開票の衆院選静岡6区に立候補した日本維新の新人の山下洸棋氏(30)が10月22日、熱海…
ページ上部へ戻る