【花】早春の花「ロウバイ」が見ごろ、「梅」も続々開花

10日に開幕する熱海梅園梅まつりを前に春の到来を告げる花「ロウバイ」が見ごろを迎え、来園者が咲きほころんだ黄色の花と甘い香りを楽しみながら散策している。ロウバイは、寒さが厳しいこの時期に楽しめる早春の花として毎年、梅まつりのリード役を務めている。
青空に恵まれた8日は園内の梅の開花速度が一気に進み、ピンクの紅冬至梅(写真)をはじめ、酔心梅、緋の司、冬至梅、甲州野梅、玉牡丹、八重寒紅、八重野梅も咲き始めた。
熱海市観光協会によると、7日現在で58品種472本の梅の内、44本が開花しているという。

◇ロウバイ 漸佳(ざんか)橋付近や中央広場。
◇紅冬至梅 中山晋平記念館付近。

DSC_4235ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る