【社会】なおちゃんに心臓移植を、熱海でも募金活動

米国で心臓移植手術を受けようとしている富士市の吉岡奈緒ちゃん(6つ)の支援グループ「なおちゃんを救う会」が4日、JR熱海駅前で募金活動を行った。

奈緒ちゃんは昨年6月、心臓にウイルスが感染した劇症型心筋炎と診断され、静岡市の県立こども病院に緊急入院した。しかし、心臓が正常に収縮せず、補助の人工心臓を装着したものの、血栓によって脳や四肢の血管が詰まる危険性があることから移植が必要と判断され、3月16日に東京大学医学部付属病院に転院した。

手術は医療保険の適用外で、人工心臓を装着したまま渡米しなければならないことなどから、費用総額は2億7000万円が算定されている。母親の陽子さん(42)は「娘の命を未来につなぐため、どうか協力していただきたい」と訴えている。
募金の問い合わせは救う会事務局=電0545(35)5776=へ。

DSC_4620ssDSC_4621img191ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  2. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
  3. 2021-5-4

    飲食販売テークアウトで「GW特設市」 コロナ禍のイベント開催に一石

    熱海市の多賀観光協会は5月1日〜5日までの5日間、長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」…
  4. 2021-5-3

    知事選•岩井氏支援の勝俣衆院議員、藤曲県議の熱海遊説中止 交通渋滞で

    自民党静岡県連が5月3日に熱海市で予定していたキャラバン遊説は、GWの交通渋滞のため、中止になった…
ページ上部へ戻る