【文化】「リサイクル本市」2800冊を市民に提供 熱海市立図書館

秋の読書週間を前に熱海市立図書館は2日、同館4階の入口で毎年恒例の「リサイクル本市」をスタートさせた。市民に図書館で利用されなくなったり、保存期限が過ぎた本を無償で提供するもので、約2800冊を3日に分けて随時並べる。持ち帰れるのは1人につき本10冊。創立百周年の今回は希少な小説もあり、初日からこの日を楽しみにしてきた市民でにぎわった。4日まで。
問い合わせは熱海市立図書館<0557(86)6591>

IMG_0025ss IMG_0029pss IMG_0027ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-2

    師走迎え、梅の花芽の目覚め進む 大盃も咲きこれで4種開花

    j師走を迎えた熱海梅園でt梅の花芽の目覚めが進んでいる。12月1日は新たに大盃(おおさかずき)が花を…
  2. 2021-12-1

    萌える紅葉 熱海の紅葉狩り名所、MOA美術館「茶の庭」

    (さらに…)…
  3. 2021-12-1

    熱海梅園で「紅梅」八重寒紅が開花、上皇陛下への献上梅出そろう

    紅葉のピークを迎えている熱海梅園で11月30日、紅梅の八重寒紅(やえかんこう)が開花した。白梅の冬至…
  4. 2021-12-1

    来年3月の東伊豆町長選 元参院議員岩井茂樹氏氏が立候補表明

    6月の静岡県知事選に出馬して敗れた元参院議員の岩井茂樹氏(53)が11月30日、東伊豆町町内で会見し…
ページ上部へ戻る