三重県警と警視庁が3人救助、うち1人の死亡確認、死者は計4人に

熱海市伊豆山で甚大な被害を出した土石流災害から3日目の7月5日、この日も自衛隊や警察、消防、海上保安庁など約1000人態勢での救出活動を行い、3人(男性1人、女性1人、性別不明1人)を救助した。このうち1人の死亡が確認された。
午後1時ごろ、三重県警が東海道新幹線の線路の西の山側で性別のわからない1人を心肺停止の状態で見つけたが、午後1時半ごろ、現地の医師により死亡が確認された。これで土石流に関連する死者は計4人となった。
午前11時30分ごろは、警視庁が男性1人、女性1人を救助し、避難所に収容した。目立ったけがなどはないという。
生死を分けるタイムリミットとされる「72時間」を6日午前10時半に迎える中、被害家屋の住民のうち、連絡がつかない人が64人いる。6日は捜索の人員を1•5倍に増強し、1500人を超える態勢で人命救助に当たる。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  2. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
  3. 2022-11-26

    藤曲氏「県政報告会」で統一教会退会を報告 来春県議選に出馬表明

    (さらに…)…
  4. 2022-11-26

    鉄道開業150年記念、3年ぶりに「秋の鉄道展」 熱海鉄道同好会

    鉄道模型イベント「秋の鉄道展」が11月26日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始ま…
ページ上部へ戻る