上多賀に祭り囃子 多賀神社例大祭、宵宮祭の神幸行列で開幕

多賀神社例大祭が7月28日夕からの宵宮祭で幕を開けた。「宵宮祭」は本祭の前夜に行われ、本祭が無事奉仕できるよう祈念する祭事。雨宮盛克宮司が祝詞を奏上したあと、倉田晃平総代長をはじめ氏子、町内、農部会代表、藤曲敬宏県議らが玉ぐしを捧げ、例大祭の成功を祈念した。神事後は境内で市指定民族文化財・多賀神社鹿島踊りを小中学生、高校生ら30人が奉納。続いて初日の神幸行列があり、戸又港近くのお旅所でも披露した。

氏子町内では子供たちを乗せた上多賀青年団と若海会の山車が氏子町内に繰り出し、夜は「輝神会」の神輿(みこし)が勇壮な練りを披露するなどして、上多賀地区に威勢のいい掛け声と祭り囃子の音が遅くまで続いた。

29日は例大祭の本祭神事に続いて午前10時に神幸行列が神社を出発。お旅所で鹿島踊りを奉納した後、午後3時過ぎから戸又港(伊豆多賀港)で伝統の御鳳輦神輿の浜降りが挙行される。夜には青年部・青魁会の神輿なども繰り出し、祭りは最高潮を迎える。

(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  2. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  3. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  4. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
ページ上部へ戻る