【文化】信綱祭短歌大会に全国から1738首、新設の「大賞」に岸浩子さん

晩年を熱海で過ごし、熱海の文化発展に貢献した歌人佐佐木綱信を顕彰する「第41回佐佐木信綱祭短歌大会」(同実行委員会主催)が13日、起雲閣で開かれた。一般の部549首、小学生の部617首、中学・高校の部572首の計1738首の応募があり、佐佐木信綱大賞、静岡県歌人会賞、凌寒賞などがそれぞれ授与された。

信綱の孫で歌人の佐佐木幸綱さんらが選者を務め、新設の「佐佐木信綱大賞」に岸浩子さん(静岡)の「エレベーターの真冬の窓に額を付けゆるゆる沈む今を見下ろす」を選んだ。

また熱海中学吹奏楽部27人による信綱作詞の「夏は着ぬ」「旧熱海中学校歌」が披露され、市内外から集まった約200人が信綱の遺徳を偲んだ。

信綱の旧居「凌寒荘」(熱海市西山町)も特別公開され、多くの市民や短歌愛好家が訪れた。

◇佐佐木信綱 明治5年、三重県生まれ。歌人・国文学者。唱歌「夏は着ぬ」の作詞者。岩波文庫「新訓万葉集」「新古今和歌集」等の編物。昭和12年に第1回文化勲章受賞。昭和19年(72歳)から91歳で没するまで熱海市西山町の「凌寒荘」で過ごした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一般の部の受賞首

IMG_2988pss  信綱の旧家「凌寒荘」

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  2. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  3. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
  4. 2023-1-20

    「青少年育成に役立てて」 熱海ゆかりの2人が市に4800万円寄付

    岸田文雄首相が「異次元の少子化対策」に取り組む中、1月19日、熱海市にゆかりのある2人が「市…
ページ上部へ戻る