【観光】去りゆく夏を惜しみ、2万5千人が夜空見上げる 夏季熱海海上花火第5弾

夏季熱海海上花火大会(熱海市観光協会主催)の第5弾が17日、熱海湾で開催された。防波堤の3カ所から打ち上げられた5000発の花火が夏の夜空を盛大に彩り、訪れた2万5000人の市民や観光客を魅了した。前線や低気圧の影響で雨が降り続き、花火への影響が心配されたが、午後6時過ぎにぴたりとやみ、青空がのぞき始めた。「打ち上げ時間帯は雨が降らない」という”花火神話”はこの夜も健在だった。
熱海サンビーチや渚親水公園には、去りゆく夏を惜しむ大勢の市民や観光客が繰り出した。一方、降雨で屋上への花火観覧席の設置を断念しかけていたホテルや旅館は、天候の急回復で大急ぎで設置するなど対応に追われた。夏季海上花火大会も残り2回。次回は23日に開催される。
写真=熱海玉の湯ホテルから撮影

観覧席 ピンク バキューン 緑吹き出し カラフル  IMG_7397ss5爆発

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  2. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
  3. 2022-8-9

    行動制限のないお盆休み近づき、熱海海上花火大会は全盛期の賑わい

    (さらに…)…
  4. 2022-8-8

    花火大会の当日効果 熱海サンビーチ、家族連れらの宿泊客でにぎわう

    熱海海上花火大会が開催された8月8日、熱海サンビーチなど市内3海水浴場は、東京、神奈川からの観光客で…
ページ上部へ戻る