【市政】太宰府で全国梅サミット 13市町が観光や産業振興に意見交換

第21回全国梅サミットが12、13の両日、菅原道真公ゆかりの福岡県太宰府市であった。梅を観光や農業生産資源とする熱海市や奈良市など全国13市町の首長や副首長が参加して開かれ、交流を深める中で、新たな梅文化の方向性を探った。熱海市からは斉藤栄市長と角田美佐子観光経済課長が出席した。
サミット(首長会議・総会)は太宰府天満宮近くの太宰府館で開かれ、「梅を活(い)かした観光や産業振興における課題と対策」と題して意見を交換。斉藤市長はロケ支援の「ADさん、いらっしゃい!」が誘客に貢献していることを紹介し、「観光梅の位置づけで、放送媒体のニュースやドラマに取り上げてもらうよう担当職員を置いている」「熱海梅園の梅と糸川沿いのあたみ桜を合わせてPRし、朝の天気番組で取り上げてもらい、全国的に広まっている」などと発言した。
梅が咲きほころぶ太宰府天満宮での記念講演では、太宰府天満宮の味酒安則禰宜(ねぎ)が「太宰府と梅」と題して講演した。
来年度は神奈川県湯河原町で開かれる。
◇梅サミット 熱海市、奈良市、水戸市、安中市(群馬)、青梅市、小田原市、太宰府市、知多市、伊豆市、越生町(埼玉)、湯河原町、みなべ町(和歌山)、若狭町(福井)の計13市町が加盟。第1回開催は1995年熱海市。

DSC_1224DSC_1233 (2)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  2. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  3. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  4. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
ページ上部へ戻る