寒風に可憐なピンク、日本一早咲きのヒマラヤザクラ 熱海で開花 

熱海市は11月14日、県立熱海高校前の傾斜地にあるヒマラヤザクラの標本木が開花したと発表した。見ごろは11月 下旬という。この桜は、1967(昭和42)年8月、当時東京大学に留学中のネパールのビレンドラ元国王(当時は皇太子殿下)が伊東市をご訪問された際、熱海植物友の会の3人(内田勇次、忍田 中、角田春彦氏)が熱海 の桜・梅の種子を献上した。返礼として翌年5月に初代駐ネパール特命全権大使(吉良氏)が帰国にあたり、殿下より託されたヒマラヤザクラの種子約900粒が贈られた。市が丹精込めて日本一早咲きの桜に育ててきた。

初代の木(原木)が熱海高校前と月見ヶ丘公園(網代)に植えられ、市は熱海高校前の木を標本木とし、開花日の目安にしている。標本木の開花は前年より2日遅いが、平年並み。この2本の木から増やしたヒマラヤザクラは渚親水公園(2本)、多賀中学校体育館脇(2本)、さくらの名所散策路(15本)、長浜海浜公園(29本)に植栽され、一部はすでに3分咲きに。淡いピンク色の花が寒風に吹かれ、可憐(かれん)な姿を見せている。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  2. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
  3. 2022-11-28

    日本最速で春景色 南熱海の各所でヒマラヤザクラが一斉に見ごろに

    熱海市多賀地区の長浜海浜公園や「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でヒマラヤザクラが見ご…
  4. 2022-11-28

    鮮やか、紅オレンジと緑のコントラスト 熱海梅園に紅葉狩り客続々

    熱海梅園で紅葉が見ごろを迎えた。園内に植えられた380本ある楓(かえで)類が赤やオレンジ、黄…
ページ上部へ戻る