【編集室】新人女性候補、市長を真似てみた

選挙戦2日目を迎えた20日、新人の女性候補は市内で最も往来が激しい清水橋バス停前で昼立ちを試みた。
選対幹部から聞いたエピソードが心に響いた。斉藤栄市長が62票差で初当選した8年半前の市長選。地縁のなかった市長候補は選挙運動用自動車をウグイス嬢に任せ、この場所に立って握手を交わしたり、一緒に写真に収まったりして支持を広げた、という。その姿がだぶって見えたのだろう。

ところが、大事なことを忘れていた。次々と握手や挨拶を交わしたものの、名前が書かれたタスキを持参するのを忘れ、相手はキョトン。それでも近くに選挙ポスターの掲示板があり、「16番、あれ、私です」とちゃっかり売り込んだ。

この日は初めて経験する雨中の選挙戦。他陣営の様子も遠巻きにチェック。自身も熱海駅前で雨の中で演説したが、ここは杉山利勝候補のフランチャイズ。思いっきりアウエーの洗礼を受けた。が、そこは新人らしくあいさつ。「この商店街には先輩の議員がおられ、私はその方に教えを請い、できるものであれば共にこの場所を国際観光都市熱海の一番の中心地となるよう、微力ながら努めさせていただきたい」と深々と頭を下げた。
初々しさと女性ならではの繊細さが、徐々にではあるが有権者に浸透してきている。しかし、今回、立候補した16人のうち、熱海市以外の出身者は2人。配偶者も市外出身というのはこの女性候補だけ。新血に期待する声も強いが、苦しい戦いは続く。
(編集主幹・松本洋二)

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERADSC_5944ssDSC_5984ssDSC_5931ss (1)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-9-18

    地元の勝俣孝明衆院議員は「河野太郎氏支持」 自民党総裁選が告示

    自民党総裁選が9月17日告示され、立候補した河野太郎行政改革担当相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前…
  2. 2021-9-18

    紅白の彼岸花、オレンジの金木犀が見頃に 熱海梅園は秋景色

    秋の3連休を前に熱海梅園の蛍川のほとりで赤い彼岸花(別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)に続い…
  3. 2021-9-18

    【お悔やみ】大曽根達男さん(熱海市網代)9月16日死去

    大曽根達男さん(おおそね・たつお)9月16日死去、87歳。熱海市網代205。通夜19日午後6時。葬…
  4. 2021-9-16

    盛り土業者と当時の市の対応 齋藤栄市長、10月中旬に内容公表

    熱海市の伊豆山土石流で、熱海市の齋藤栄市長は9月15日、市議会9月定例会で答弁し、「10月中旬を目…
ページ上部へ戻る