年末恒例の「熱海市10大ニュース」2020年トップはコロナ禍

熱海市は年末恒例の「今年の10大ニュース」を発表した。齋藤栄市長をはじめ、市の幹部職員と広報担当者が選考したたもので、トップに「新型コロナウイルスの感染拡大」を選出した。2位が「南熱海支所・消防署南熱海出張所竣工(3月)、3位「あたみ子供園 開園(7月)ーと続いた。4位以下は次の通り。
(熱海ネット新聞)

④ 初島漁港交流広場休憩所施設「Shima Terrace」オープン(4月)
⑤姫の沢公園ビジターセンターのオープン(4月)
⑥1市2町(湯河原町、真鶴町)し尿等共同処理事業開始(4月)
⑦新たな救急サービス(4月)・通信システムの運用開始(7月)
⑧同報無線(広報あたみ放送)音声サービスの運用開始(6月)
⑨ブルネイと東京オリンピック・パラリンピックのホストタウン登録(9月)
⑩熱海大火から70年(4月)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る