年末恒例の「熱海市10大ニュース」2020年トップはコロナ禍

熱海市は年末恒例の「今年の10大ニュース」を発表した。齋藤栄市長をはじめ、市の幹部職員と広報担当者が選考したたもので、トップに「新型コロナウイルスの感染拡大」を選出した。2位が「南熱海支所・消防署南熱海出張所竣工(3月)、3位「あたみ子供園 開園(7月)ーと続いた。4位以下は次の通り。
(熱海ネット新聞)

④ 初島漁港交流広場休憩所施設「Shima Terrace」オープン(4月)
⑤姫の沢公園ビジターセンターのオープン(4月)
⑥1市2町(湯河原町、真鶴町)し尿等共同処理事業開始(4月)
⑦新たな救急サービス(4月)・通信システムの運用開始(7月)
⑧同報無線(広報あたみ放送)音声サービスの運用開始(6月)
⑨ブルネイと東京オリンピック・パラリンピックのホストタウン登録(9月)
⑩熱海大火から70年(4月)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-26

    熱海市で新たに1人がコロナ感染 高齢でない成人 県内陽性者との接触で 

    静岡県は2月26日、熱海市に住む高齢でない成人1人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。…
  2. 2021-2-26

    【お悔やみ】有賀輝夫さん(熱海市上多賀)2月24日死去

    有賀輝夫さん(ありが・てるお)2月24日死去、90歳。熱海市上多賀26。出棺3月2日午前11時、J…
  3. 2021-2-25

    市長も愕然 昨年の熱海市の宿泊客数、40%減の185万人 過去最低を記録

    熱海市は2月25日、昨年(2020年)の年間宿泊客数が185万6884人だったと発表した。前年比で…
  4. 2021-2-25

    3月7日の熱海海上花火大会、3月30日に延期 21日、27日は開催の方針

    熱海市ホテル旅館協同組合連合会は2月25日、3月に予定していた計3回の熱海海上花火大会のうち、3月…
ページ上部へ戻る