【編集室】3月3日は「家康公の来熱記念日」御成橋を清め、熱海をPR


「家康来熱400年委員会」(二見康一委員長)は3日、家康公が熱海を訪れた際に渡った糸川にかかる御成橋の「橋洗い」を行った。東照公記によれば、家康公は慶長9年(1604年)3月3日に湯治のため熱海温泉を訪れたとあり、その史実をもとに同委員会は2006年から毎年この日に橋を清掃して、熱海温泉の名を全国に知らしめた大御所に感謝している。今年も熱海ワイズメンズクラブや友楽町、浜町、本町、中央町の糸川周辺の4町内会の計20人が参加。御成橋とドラゴン橋の欄干を磨き、あたみ桜が咲き終えた遊歩道を掃き清めた。

「御成橋」の名は、家康公が熱海を訪れた際、この橋を通って「御成り」になったことに由来し、橋には家康公が詠んだとされる「春の夜の夢さへ波の枕哉(かな)」の句が刻まれている。二見会長は「長年、この活動を続けてきたことで、家康公が熱海に来てくれたことを知ってもらえている。この橋の欄干を赴きがあるように建て替え、熱海の観光名所にしたい」と話した。ただ、せっかくの家康公の句や説明が野暮な集客看板に覆い隠されているのがちょっと残念。景観を損ねている、と違和感を口にする観光客は少なくない。
◆徳川家康と熱海温泉 慶長9年(1604年)3月、家康は2人の子供、義直、頼宣を連れて熱海に7日間滞在、本陣今井半太夫の湯亭に逗留した。関ヶ原合戦前の慶長2年(1597年)3月にも訪れ、熱海の湯で天下取りへ心身の疲れを癒した。計2度訪れた。






関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-26

    「ホタル」の夜間飛行始まる 熱海梅園でいくつもの光跡確認

    「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(6月1日〜12日)を前に5月26日夜、熱海梅園の園内を…
  2. 2022-5-25

    9月市長選 斎藤市長、出馬の明言避ける 百条委員会の結論待って断 

    熱海市の齋藤栄市長は5月24日、今年9月13日に4期目の任期を満了する熱海市長選(9月4日告示、11…
  3. 2022-5-25

    熱海梅園で梅の実を収穫800キロ、梅干しや梅まんじゅうに活用

    熱海梅園で5月23日〜25日、梅干しや梅まんじゅうに使う梅の実の収穫があった。園内には60品…
  4. 2022-5-22

    熱海海上花火大会 春季シリーズ最終回 雨の降り出しが遅れ、ホッ!

    今年度4度目の熱海海上花火大会が5月21日あり、午後8時20分〜40分に3000発を打ち上げ…
ページ上部へ戻る