【編集室】バレンタインに「煮干し」プレゼント、杉本鰹節商店がミスマッチ大作戦

バレンタインのデーの14日、熱海市の杉本鰹節商店は、魚祭りが開かれた熱海魚市場で「煮干し」をふるまった。発端は昨年12月に開催したA-biz(熱海市チャレンジ応援センター)のワークショップ。同商店4代目の杉本隆さんが「実は、バレンタインの2月14日って全国煮干協会が決めた煮干しの日なんです。煮干しで熱海を盛り上げませんか」と提案した。ロマンチックなバレンタインのイメージとは対極の「煮干し」だが、出席者たちは「そのミスマッチがいいじゃないか、面白い」と実施を決めたという。
この日のイベントでは来場者にカタクチイワシの煮干しのだしで作ったみそ汁を振る舞い、浜焼きコーナーの利用者にはおつまみ用の煮干しをプレゼント。店頭では煮干しだしの試飲や商品販売も行い、「2月14日は煮干しの日」を宣伝。常識を打ち破る企画が、マンネリ化し始めた魚祭りを引き締めた。
◆煮干しの日 「に(2)ぼ(棒=1)し=4」の語呂を合わせ。煮干しの普及を目指して全国煮干協会が1994年に制定。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

会議

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
  2. 2022-8-9

    行動制限のないお盆休み近づき、熱海海上花火大会は全盛期の賑わい

    (さらに…)…
  3. 2022-8-8

    花火大会の当日効果 熱海サンビーチ、家族連れらの宿泊客でにぎわう

    熱海海上花火大会が開催された8月8日、熱海サンビーチなど市内3海水浴場は、東京、神奈川からの観光客で…
  4. 2022-8-6

    2022年最大の熱海海上花火大会 「ドドーン」豪快響き、夜空彩る

    熱海海上花火大会の夏季シリーズ第2弾が8月5日、熱海湾を舞台に繰り広げられた。午後8時20分…
ページ上部へ戻る