梅雨時の熱海 「池田満寿夫・佐藤陽子創作の家」隠れた人気スポットに

熱海市海光町の「池田満寿夫・佐藤陽子創作の家」で、企画展「ありがとう陽子さん」が開かれている。世界的な版画家で小説「エーゲ海に捧ぐ」で芥川賞を獲得した池田さんが、パートナーでバイオリニストの佐藤さんを描いた作品を数々を展示。佐藤さんの顔をモチーフにした版画「陽光のように」や着物絵、デッサン「ようこ」などの作品に加え、佐藤さんが演奏活動で使用したドレスや楽器が展示されている。

1979年に制作の拠点としていた米ニューヨークから帰国した池田さんは、翌年に佐藤陽子さんとの結婚を宣言。1982年に作家有吉佐和子さんの結婚相手だった国際芸能プロモーターの神彰(じん・あきら)さんが所有していたこの家に移住。増改築して住居兼アトリエ、レッスン室とした。
池田さんが1997年に亡くなった後は、この家を市に寄贈し、市は「池田満寿夫・佐藤陽子創作の家」として一般公開。佐藤陽子さんが営む「M&Y事務所」が所有する二人の作品や資料を展示している。
創作の家では、池田さんの版画や油絵、陶などの芸術作品や「エーゲ海に捧ぐ」の直筆原稿なども常時展示され、当時の二人の生活が見てとれる。JR熱海駅から徒歩10分の距離にあり、コーヒーを飲みながらゆったりとした時間が送れる。梅雨入りした熱海の隠れた人気スポットになっている。
同展は11月中旬まで開催し、火曜日は休館。入館料は大人300円、中学・高校生200円。
(熱海ネット新聞)
■問い合わせ 0557ー81ー3258(池田満寿夫・佐藤陽子創作の家)

関連記事

コメント

    • お二人のファン
    • 2021年 3月 20日

    池田さんが亡くなった当時(1997年)はゴールデンや柴犬など
    20頭ほど多頭飼いしていらっしゃいました。自家繁殖もされるなど
    大の愛犬家でしたね。池田さんが亡くなった後、佐藤さんお一人で
    お世話をされていたのか?ワンちゃん達はどうなったのか?と
    ふと気になりました。御存知の方、おられますか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-19

    熱海富士、12日目で念願の十両勝ち越し V争いでは1差で追走

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)12日目の5月19日、十両2場所目の熱海富士(伊勢ヶ濱)は、大翔鵬(…
  2. 2022-5-19

    【お悔やみ】橋本政夫さん(熱海市小嵐町)5月16日死去

    橋本政夫さん(はしもと・まさお)5月16日死去、85歳。熱海市小嵐町。通夜19日午後6時。告別式20…
  3. 2022-5-19

    自民・阿達参院議員 20日午後6時〜熱海芸妓見番で国政報告会 

    自民党の阿達雅志参議院議員(全国比例)は、5月20日午後6時から熱海芸妓見番で国政報告会を開く。自民…
  4. 2022-5-18

    熱海土石流 58億円賠償求める裁判始まる 前・現所有者側争う姿勢

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した土石流災害をめぐり、崩落した盛り土のあった土地の前・現所有者ら8人と…
ページ上部へ戻る