河津桜まつり初の中止、コロナ感染拡大で 熱海梅園のように入り口規制困難

静岡県河津町で開催する「河津桜まつり」の実行委員会は1月18日、町役場で会合を開き、2月10日から予定していた今年の開催を中止することを決めた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う11都府県への緊急事態宣言再発令を踏まえた対応で、約30年前に始まって以来、中止は初めて。近年は毎年90万人ほどが来場していた。
①河津桜まつりの会場が熱海梅園・梅まつりのように入り口が1カ所ではなく、入場制限が難しいこと②会場が町の中心地である住宅街にあること③観光客がコロナの感染者が増えている東の玄関の熱海市、伊東市、北の玄関の沼津市、三島市を通って入ってくることーなどが中止の主な理由。
一方で実行委は、開催した場合と同様、河津川沿いの桜並木周辺は通行止めとせず、来訪した人への検温や、川沿いの遊歩道で一方通行規制を実施し、感染拡大防止に努めるとしている。
例年、首都圏から同まつりに訪れる行楽客の多くが、行き帰りに熱海市の長浜海浜公園に立ち寄り、休憩や買い物をしており、影響が懸念される。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る