河津桜まつり初の中止、コロナ感染拡大で 熱海梅園のように入り口規制困難

静岡県河津町で開催する「河津桜まつり」の実行委員会は1月18日、町役場で会合を開き、2月10日から予定していた今年の開催を中止することを決めた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う11都府県への緊急事態宣言再発令を踏まえた対応で、約30年前に始まって以来、中止は初めて。近年は毎年90万人ほどが来場していた。
①河津桜まつりの会場が熱海梅園・梅まつりのように入り口が1カ所ではなく、入場制限が難しいこと②会場が町の中心地である住宅街にあること③観光客がコロナの感染者が増えている東の玄関の熱海市、伊東市、北の玄関の沼津市、三島市を通って入ってくることーなどが中止の主な理由。
一方で実行委は、開催した場合と同様、河津川沿いの桜並木周辺は通行止めとせず、来訪した人への検温や、川沿いの遊歩道で一方通行規制を実施し、感染拡大防止に努めるとしている。
例年、首都圏から同まつりに訪れる行楽客の多くが、行き帰りに熱海市の長浜海浜公園に立ち寄り、休憩や買い物をしており、影響が懸念される。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  2. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  3. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  4. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
ページ上部へ戻る