【編集室】熱海峠で自転車レース開催へ 五輪招致デモ

伊豆スカイラインを使った自転車レースが、熱海市などの沿線5自治体などの共催で計画されていることが分かった。レース名は「伊豆スカイランド」(仮称)。熱海市、伊東市、函南町、伊豆市、伊豆の国とJTB中部、中日本高速道路などが主催し、11月15日の開催を予定している。

東京・有明に自転車競技場の建設を予定していた2020年東京五輪組織委員会は今年2月、整備に78億円かかるとし、既存の「伊豆ベロドローム」(伊豆市)に変更する案を提示していたが、6月8日の国際オリンピック委員会(IOC)理事会で見送りとなった。

自転車競技は、トラック種目とバイシクルモトクロス(BMX)、マウンテンバイク(MTB)の3種目からなる。国際自転車連合(UCI)が派手なアクションとテレビ向きで視聴率がとれ、集客も見込まれるBMXとMTBの東京開催を強く希望していることから、組織委員会は引き続き話し合いをつづけ、「最低でもトラック種目」のベロドローム開催を目指す。熱海峠での自転車レースはそのデモンストレーションの意味合いも持つ。

◆レース Aコース(約100キロ)とBコース(約50キロ)の2部門で開催。それぞれ1500人、500人が定員。プロアマともに参加できる。
◆五輪会場 東京五輪会場で承認されていなかった10競技のうち、セーリング、レスリング、水球、バトミントン、トライアスロン、7人制ラグビー、フェンシング、テコンドーの8会場は新たに承認。残る2つは自転車とサッカー。

すか1

すか2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-6

    熱海梅園もみじまつりの人出3万2259人 前年比32%増

    熱海市観光協会は12月6日、「熱海梅園もみじまつり」(11月13日~12月5日)の人出をまと…
  2. 2021-12-6

    熱海土石流で熱海署、殺人容疑の告訴状受理 未必の故意捜査へ

    熱海市伊豆山で26人が死亡、1人が行方不明になっている土石流災害で、静岡県警熱海署は12月6日、土石…
  3. 2021-12-6

    忘年花火大会始まる 「バイ・シズオカ」効果で県内宿泊客増加

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月5日夜、…
  4. 2021-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 きょう最終日、閉幕惜しみ観光客続々

    11月14日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月5日に全日程を終了し、閉幕する。「日本一遅い紅…
ページ上部へ戻る