【市政】日本一の温泉観光地で所得向上を 熱海市総合計画案に答申 

斉藤栄市長の諮問機関「熱海市総合計画審議会・市総合戦略会議」(大久保あかね会長)は21日、平成28年度から32年までの5年間の熱海市の指針となる「第4次熱海市総合計画後期基本計画」案について審議結果をまとめ、市長に答申した。
市長が掲げる日本一の温泉観光地については、「地域ブランド市町村ランキングで15位以内」の数値を盛り込んだ。出口直樹副会長からは「観光業に限らず、人材不足が続いている。雇用対策が急務」の意見も出され、市長は「熱海市は観光地。お客さんが来なければ、税収も、事業所の所得も上がらない。熱海市で働けば給料が高くもらえる、という風になれば、人も集まる。この答申案を最大限盛り込ませていただき、若者が出て行かなくてもいいまちづくり、出て行った若者が戻ってくるまりづくりを5年間でやれるところからやっていきたい」と述べた。
民間委員20人が審議した修正案は、部長級策定委員会で協議し、1月中、下旬に正式に市の構想となる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG_2189

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 きょう最終日、閉幕惜しみ観光客続々

    11月14日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月5日に全日程を終了し、閉幕する。「日本一遅い紅…
  2. 2021-12-4

    静岡県市町対抗駅伝 熱海市は市の部22位、敢闘賞を受賞

    第22回静岡県市町対抗駅伝競走大会(静岡陸上競技協会、静岡新聞社・静岡放送主催、県、県教委、県スポー…
  3. 2021-12-4

    伊豆山土石流 警戒区域全世帯を長期避難に認定 半壊以下でも最大300万円支援金

    熱海市伊豆山の大規模土石流で、静岡県は12月3日、災害者生活再建支援法に基づく「長期避難世帯」として…
  4. 2021-12-2

    師走迎え、梅の花芽の目覚め進む 大盃も咲きこれで4種開花

    j師走を迎えた熱海梅園でt梅の花芽の目覚めが進んでいる。12月1日は新たに大盃(おおさかずき)が花を…
ページ上部へ戻る