【経済】お土産に人気、熱海梅園の新梅で作った「梅まんじゅう」販売

「梅まつり」の開幕に合わせ、熱海市の製造元「東明」(岸幸宏社長)は熱海梅園で収穫した新梅を100%使った「梅まんじゅう」の販売を9日から開始した。同社は昨年6月に収穫した800キロのうち760キロ(残り40キロは市民ボランティアに無料配布)を買い付け、種を抜いてペーストにし、冷凍。北海道産の白あんと小麦粉を使い、薄紅色は紅こうじで出している。梅の焼き印が押され、食べてしばらくするとほんのりと梅の香りが味わえる。

1箱9個入り900円(税込)。市は2006年から熱海梅園の梅で作った名産品の売り出しを図っており、同社の梅まんじゅうは3年目。JR熱海駅周辺の土産物店、市内のホテル、旅館、MOA美術館などで販売している。
問い合わせは東明〈電0557(86)1500〉へ。

◆東明 熱海市の七尾たくあんの老舗「岸浅次郎商店」の外商部門が平成10年11月に独立。契約農家で生産された野菜に、化学合成添加物を一切使用しないで本醸造醤油や醸造酢で漬け込んだ「おつけもの (四季の香)」や「熱海梅園梅干」が有名。熱海市田原本町9-1 熱海第一ビル6階

mannjuuumesyuukaku1 ume2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  2. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  3. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  4. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
ページ上部へ戻る