箱根駅伝区間登録発表 駒大の黄金ルーキー鈴木芽吹は補欠登録 当日変更か

来年1月2、3日に行われる第97回東京箱根間往復大学駅伝競走を主催する関東学生陸上競技連盟は12月29日、出場21チームの区間登録を発表した。
全日本大学駅伝(11月)を制し、青学大、東海大とともに優勝候補に挙げられる駒沢大は絶対エースの田沢廉(2年)を花の2区、2年連続で5区を担った伊東颯汰(4年)を8区で登録した。一方、熱海市出身のスーパールーキー・鈴木芽吹(1年、泉小中学校ー長野・佐久長聖)は全日本大学駅伝に続いて補欠登録。全日本大学駅伝では大八木弘明監督がライバル校と腹の探り合いをする中で当日にメンバーを差し替え、鈴木を3区に投入。優勝につなげた。
箱根駅伝は、今回から大会当日に変更できる選手が従来の4人から6人に増え、往路・復路各日に最大4人ずつ正選手と補欠を入れ替えできる。2008年以来、13年ぶりの箱根路制覇を狙う闘将の采配が注目される。
(熱海ネット新聞)

【駒大】
1区 加藤淳(4年)
2区 田沢廉(2年)
3区 青柿響(2年)
4区 酒井亮太(2年)
5区 円健介(2年)
6区 花崎悠紀(3年)
7区 花尾恭輔(1年)
8区 伊東颯汰(4年)
9区 山野力(2年)
10区 神戸駿介(4年)
補欠 小林歩(4年)
補欠 石川拓慎(3年)
補欠 佃康平(3年)
補欠 唐沢拓海(1年)
補欠 白鳥哲汰(1年)
補欠 鈴木芽吹(1年)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-6-14

    「ほたる鑑賞の夕べ」の人出、13日間で2497人 最高は12日の535人

    熱海市観光協会は6月14日、2年ぶりに開催した「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(6月1…
  2. 2021-6-12

    青紫ジャカランダ、ライトアップで幻想的 週末の若者たちを魅了

    「ATAMIジャカランダ・フェスティバル2021」開催中のお宮緑地(熱海市東海岸町)でライ…
  3. 2021-6-12

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 無症状のまま検査で判明

    静岡県は6月12日、熱海市に住む高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。性別…
  4. 2021-6-10

    岩井氏が熱海入り、街頭演説に500人 齋藤栄市長も支援表明…動画あり

    6月20日投開票の知事選に立候補した前参議院議員の新人岩井茂樹氏(53)は9日午後6時半か…
ページ上部へ戻る