【観光】萌える紅葉、「茶の庭」を24日まで無料開放

MOA美術館の「茶の庭」の一角に建つ「光琳(こうりん)屋敷」や茶室「樵亭(しょうてい)」の紅葉が美しく優雅に萌え、首都圏などから多くの観光客が訪れている。近年、期間限定の公開が「大人の紅葉狩りスポット」と評判を呼び、人気が急上昇。「茶の庭」には約60本のカエデ類が植えられており、いまが最高の見ごろ。特別公開は所蔵企画展「琳派の美 光悦・宗達から抱一まで」が開催されている12月24日まで。入場無料。問い合わせはMOA美術館〈電0557(84)2511〉へ。

◇樵亭 茶の湯ざんまいの余生を過ごした備前池田藩の筆頭家老伊木忠澄(1818〜86年)が建てた茶室を移築したもの。茶室のふすま絵が同美術館所蔵の重要文化財「樵夫蒔絵硯箱」(伝光悦作)に似ていたことにちなんで名付けられた。
◇光琳屋敷 尾形光琳が自ら書いた図面と、大工の仕様帖、茶室起し図(いずれも重要文化財)などに基づいて昭和60年のMOA美術館開館3周年記念事業で復元。
◇尾形光琳 江戸時代中期を代表する画家。「琳派」と呼ばれる装飾的大画面を得意とした画派を生み出した。主に京都の富裕な町衆を顧客とし、王朝時代の古典を学びつつ、明快で装飾的な作品を残した。

門 立て札 光琳 茶 庭 入口

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-26

    「ホタル」の夜間飛行始まる 熱海梅園でいくつもの光跡確認

    「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(6月1日〜12日)を前に5月26日夜、熱海梅園の園内を…
  2. 2022-5-25

    9月市長選 斎藤市長、出馬の明言避ける 百条委員会の結論待って断 

    熱海市の齋藤栄市長は5月24日、今年9月13日に4期目の任期を満了する熱海市長選(9月4日告示、11…
  3. 2022-5-25

    熱海梅園で梅の実を収穫800キロ、梅干しや梅まんじゅうに活用

    熱海梅園で5月23日〜25日、梅干しや梅まんじゅうに使う梅の実の収穫があった。園内には60品…
  4. 2022-5-22

    熱海海上花火大会 春季シリーズ最終回 雨の降り出しが遅れ、ホッ!

    今年度4度目の熱海海上花火大会が5月21日あり、午後8時20分〜40分に3000発を打ち上げ…
ページ上部へ戻る