【選挙】掃海艇「はつしま」入港、観光防災「熱海モデル」 村山憲三候補

来月22日から3日間、熱海港に新掃海艇はつしまが入港。就役を記念して初めての「観光防災イベント」が開催される。

艇内の一般公開や海上自衛隊横須賀音楽隊、熱海笛怜会などの演奏、乗員の伊豆山神社参拝などが予定されている。

このイベントを主催するのが熱海観光防災委員会で委員長が村山憲三候補(68)。4期務めた市議の集大成にしようと、まる一年かけて海上自衛隊と折衝を続け、実現にこぎつけた。

従来のイベントと違うのは、露店や浜焼きコーナーなどを設ける観光誘客が目的ではなく、「観光防災」に主眼を置いていることだ。
「南海トラフや相模トラフの巨大大地震が起きても熱海は災害に十分に対応できる。安全・安心というマインドを観光客や市民に持ってもらうのが狙いです。定期的に海上自衛隊の掃海艇などに熱海に寄港してもらい、観光防災に強い温泉観光地をアピールする。斉藤市政が推進する”ADさん、いらっしゃい!”に匹敵する経済効果が期待できる」。

2月には熱海観光防災セミナーを開催するとともに、熱海駅前で自衛隊静岡地方隊、熱海温泉ホテル旅館協同組合と連携して大震災時に観光客に提供する非常食を提供し、安全・安心の温泉観光地を発信した。

22日に村山氏の街頭演説に駆け付けた民主党の細野豪志政調会長もこのイベントを絶賛した。「村山さんは本当に不思議な人脈がある、芸能界にも強いが、自衛隊幹部にも村山ファンがいる。海上自衛隊の船を熱海に引っ張ってくることができれば、いざ大きな災害が起きた場合、これを防災に利用できる。こんな発想ができる議員はほかにいない。斉藤市長が目指す日本一の温泉観光地とも重なる。市議会に絶対必要な人物です」

この観光防災イベントを「熱海モデル」として、日本全国に発信するためにも、晴朗なれども波高い、このサバイバル戦でつまづくわけにはいかない。

嫁 ホソノ DSCN8451 5人伊豆宮司掃海艇初島

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  2. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  3. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  4. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
ページ上部へ戻る