【2月定例会】 職員、議員、市長らの給料アップを先議 全会一致で可決

熱海市議会2月定例会が2月22日、開会した。初日本会議には、一般会計予算など37案件が上程された。斉藤栄市長の施政方針演説に続いて、森本要副市長が総額が211億5000万円となる新年度・2018年度の一般会計当初予算案などの上程議案を説明した。会期は3月15日までの22日間。一般質問は3月7、8日に行う。
上程案の内、人事院勧告に沿って、一般職員、議員、市長など特別職の給料および勤勉手当、期末手当を増額する条例(議案23号)を先議し、質疑で山田治氏(熱海進政会議員団)が「当局の条例改正案は非正規、すなわち臨時職員は適用されていない。熱海市は正規職員のみ賃金をアップするのか」とただした。市当局は「人事院勧告を尊重してのもので、4月1日に施行するには先議する必要がある」と粛々と話し、採決でも「原案通り全会一致」で可決した。
熱海市には、正規職員に対し賃金が6割弱とされる臨時職員がおよそ25%おり、傍聴席の市民からは「国会でも賃金格差を圧縮する討議がされており、熱海市議会でももっと議論をして欲しかった」の声が聞かれた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)


山田治雄氏

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る