8月7日に「MOA美術館アートウォーク」 参加者募集 「光琳屋敷」などを見学

熱海市の観光ボランティア団体「熱海まち歩きガイドの会」は8月7日に令和元年静岡県民の日おもてなしイベント「MOA美術館アートウォーク」を同美術館で開き、「光琳屋敷」などを案内する。
「光琳屋敷」は、尾形光琳がその最晩年、自らが書いた図面に基づき京都に建てた屋敷で、MOA美術館が史料に従って復元した歴史的価値のあるもの。光琳がこの屋敷で、晩年の最高傑作、国宝「紅白梅屏風図」を描いたと言われている。通常、光琳屋敷は一般公開していない。
募集定員は30人。申し込み、問い合わせは080−4069−4141(事務局)へ。県外の人も参加できる。
(熱海ネット新聞)
■実施日:8月7日 (水)★雨天決行
■集合場所 :MOA美術館1F入口(エスカレーター前)
■時間:午前9時半集合、午後12時頃終了
■募集:30人(先着順)
■参加費:1800円(光琳屋敷の特別ガイド費用含む)

MOA美術館は7月20日~8月27日まで特別展「井上涼 夏休み!BYOBUびじゅチュ館」を開催中。世界の有名な美術作品を題材にアニメと歌で紹介するNHKEテレの美術番組「びじゅチューン!」を手がける映像作家の井上涼さんの新作映像作品を展示。同美術館が所有する国宝「紅白梅図屏風」歌がどのように生まれてきたのかやストーリーをもとにアニメができるまでの様子など番組制作の舞台裏を紹介。国宝の「紅白梅図屏風」も特別展示している。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  2. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  3. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  4. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
ページ上部へ戻る