初島港の休憩施設 台風被害で1年先伸ばし、2020年春オープンへ

熱海市は11月22日、市役所で記者会見を開き、29日に開会する市議会11月定例会に上程する議案を公表した。
この中で、初島第1漁港に2019年春のオープンを目指して整備予定だった展望デッキなどを備えた休憩施設について、完成が1年遅れ2020年春になるとの見通しを明らかにした。今年7月の台風12号で周囲の護岸などに被害が出たため、補正予算に調査費として540万円を計上し、設計等を見直す。これに伴い、当初予算に計上していた建物の工事費2億4000万円を減額した。
市は2020年の初島の恒例イベント「ところてん祭り=毎年5月1日〜5日=」には、オープンを間に合わせたい」としている。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
🔸初島交流広場整備事業 埋め立てた約1400平方メートルに鉄骨2階建て・延べ床面積約600平方メートルの休憩施設、220平方メートルのイベント広場、バスが回転できるロータリーなどを造る。完成後の管理運営については今後、初島区や漁協などと協議して決める。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-17

    熱海市で「百八体流灯祭•送り火」3年ぶり全面点火も深刻な担い手不足

    熱海市のお盆の伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時から長浜海岸で…
  2. 2022-8-17

    「伊豆山復興」祈り込め、熱海・長浜海岸で灯籠流し 

    熱海市の長浜海岸で8月16日夜、お盆の風物詩「灯籠流し」が行われた。多賀湾に400個の淡い光…
  3. 2022-8-17

    網代温泉海上花火大会に1万人 2年ぶりのお盆開催 夏の風物詩が復活

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時30分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会主催)が開…
  4. 2022-8-16

    伊豆山土石流 遺族らが齋藤市長を告訴・告発、市長選を前に異例の事態

    昨年7月3日の熱海市伊豆山で起きた大規模土石流を巡り、犠牲者遺族ら4人が8月16日、齋藤栄市長(59…
ページ上部へ戻る