御鳳輦奉仕の引き継ぎ式 戸塚会長予定者、伝統の重みズシリ/来宮神社

来宮神社の本殿前で11月23日、新嘗(にいなめ)祭神事に続いて、御鳳輦(ごほうれん)奉仕者の引き継ぎ式が行われた。雨宮盛克宮司や神社総代、祭典委員らが見守る中、本年度厄年奉賛会「来宮辰巳會(きのみやたつみかい)」の川本数章会長から次年度厄年奉賛会の戸塚雄史郎会長予定者に来宮神社例大祭の引き継ぎ関連書類一式が入った箱が手渡された。戸塚会長予定者は「御鳳輦奉仕の伝統と先輩方の思いをしっかり受け止め、来宮神社にご奉仕させていただくとともに会員一同、大きく成長したい。来年は平成から新しい時代に切り替わるちょうどその年。記憶に残る御鳳輦奉仕をさせていただきます」と力強くあいさつした。会の名称は来年1月の設立総会で決める。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■御鳳輦(ごほうれん)大厄の42歳を迎える男子が節分から翌年の節分まで来宮神社の氏神様に仕え、ご奉仕することで厄を逃れる。熱海では「御鳳輦奉仕」として代々引き継がれ、7月の来宮神社例大祭では、猿田彦の神の天狗をとともに、御鳳輦が氏子町内を渡御。
■2019年度来宮神社御鳳輦奉仕者(出席者)
戸塚雄史郎、水谷進介、高橋伸一、村越章浩、高橋惣一、田村竜二、中村喬士、國原昭直、澤口幸司、内田修、狩野学、片庭充隆


戸塚雄史郎会長予定者のあいさつ



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
  2. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
  3. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

    熱海市の伊豆山温泉の観光関連3団体は新型コロナウイルス感染症防止のため、9月5日(土)に予定してい…
  4. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
ページ上部へ戻る