三大流星群の一つ「ふたご座流星群」、熱海上空を通過! 15日朝まで飛行中

三大流星群の一つで、冬の夜空を華やかに彩る「ふたご座流星群」が12月14日夜にピークを迎え、熱海市街からも四方八方に飛ぶ流れ星を見ることができた。熱海ネット新聞が午後8時ごろに撮影した動画をお届けする。
国立天文台によると、流星は14日午後9時ごろに出現のピークを迎え、15日の明け方にかけて飛ぶ。多ければ1時間に40個程度観測できるという。
ふたご座流星群は、 1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群と並ぶ三大流星群の一つ。小惑星ファエトンの通り道を毎年この時期に地球が通過し、そこに残されていた塵が地球の大気に飛び込んで、上空100km前後で発光して見える。空気が澄んだ熱海市からは、肉眼でも飛ぶ様子が見ることができる。
(熱海ネット新聞・天体取材班)


ふたご座流星群

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  2. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
  3. 2022-8-9

    行動制限のないお盆休み近づき、熱海海上花火大会は全盛期の賑わい

    (さらに…)…
  4. 2022-8-8

    花火大会の当日効果 熱海サンビーチ、家族連れらの宿泊客でにぎわう

    熱海海上花火大会が開催された8月8日、熱海サンビーチなど市内3海水浴場は、東京、神奈川からの観光客で…
ページ上部へ戻る