今年の有終、熱海海上花火大会! 2018年は18回で39万3千人が観賞

今年のフィナーレを飾る「忘年熱海海上花火大会」が12月16日、熱海湾であり、1万3千人の観衆を魅了した。海上にはこの日、クリスマスクルーズで熱海港に寄港した豪華客船「にっぽん丸」(全長166・65メートル、2万2472トン)が停泊して、船上から花火を鑑賞した。今年は前年より2回増やして18回開催し、熱海市のおよそ10・5倍にあたる39万人3千人(前年比4万3千人増)が訪れた。
今年の際立った傾向は浴衣姿の団体や企業の旅行者が少なくなり、個人と小グループ客が増加したこと。花火効果でホテル旅館は堅調が続いているが、団体客を対象に商売をしてきたスナックや飲食店は団体客が減少し、対応に追われている。
2018年は年間16回に戻して熱海海上花火大会を開催する。次回は3月31日に打ち上げる。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
主催=熱海市ホテル旅館協同組合連合会
■2018年熱海海上花火大会
1月14日・日 8000
2月12日・火祝 12000
4月14日・土 13000
4月22日・日 15000
5月12日・土 18000
5月27日・日 19000
6月3日・日 20000
6月17日・日 22000
7月27日・金 26000
7月31日・火 29000
8月5日・日 35000
8月8日・水 25000
8月19日・日 39000
8月24日・金 29000
8月30日・木 37000
9月17日・月祝 19000
12月9日・日 14000
12月16日・日 13000
※主催者発表
■2019年の熱海海上花火大会日程
春 3/31(日)・4/20(土)・5/11(土)・5/26(日)・6/16(日)・6/29(土)
夏 7/26(金)・7/30(火)・8/5(月)・8/8(木)・8/18(日)・8/23(金)・8/30(金)
秋 9/16(月・祝)
冬 12/8(日)・12/15(日)





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-16

    伊豆山土石流 遺族らが齋藤市長を告訴・告発、市長選を前に異例の事態

    昨年7月3日の熱海市伊豆山で起きた大規模土石流を巡り、犠牲者遺族ら4人が8月16日、齋藤栄市長(59…
  2. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  3. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  4. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
ページ上部へ戻る