熱海の無火災と無病息災願う 来宮神社で鎮火祭・どんどん焼き

熱海市の来宮神社で1月14日、今年1年の無火災を祈願する「鎮火祭」が開かれた。市消防団(櫻井佳久消防団長)、市消防本部(稲田達樹消防長)、川口健市議会議長、今年度の責任当番町・咲見町の岸秀明祭典委員長ら約40人が出席した。雨宮盛克宮司が人命や財産を奪う大火から市民を守る祝詞を奏上し、巫女(みこ)が速神楽を奉納。参列者が玉串を捧げ、熱海市の無火災を願った。
神事に続いて神社に納められた正月飾りやお札、門松などを燃やす「どんどん焼き」が行われ、参拝客らが焚き上げた火に竹の棒の先端につけられた紅白の団子をかざし、無病息災を祈った。どんどん焼きの火で焼いた団子を食べると風邪をひかないと言い伝えられている。
境内では、熱海囃子笛怜会が屋台、昇殿、鎌倉、馬鹿囃子、四丁目などのお囃子を演奏し、伝統行事を盛り上げた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  2. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
  3. 2022-8-9

    行動制限のないお盆休み近づき、熱海海上花火大会は全盛期の賑わい

    (さらに…)…
  4. 2022-8-8

    花火大会の当日効果 熱海サンビーチ、家族連れらの宿泊客でにぎわう

    熱海海上花火大会が開催された8月8日、熱海サンビーチなど市内3海水浴場は、東京、神奈川からの観光客で…
ページ上部へ戻る