熱海芸妓が県庁に川勝知事訪問 梅祭り、熱海をどりなどをPR

熱海温泉のシンボル熱海芸妓と齋藤栄市長、中島幹雄市観光協会長、駒嶺洋同副会長、藤曲敬宏県議が 1月15日、静岡県庁に川勝平太知事を訪ね、観光PRを行った。熱海芸妓置屋連合組合の西川千鶴子組合長(松千代さん)とともに日本髪に稲穂飾り、黒の衣装で訪問したのは宏紀さん、美保さん、静さんの3人。市長らがまず、持参した「熱海梅園梅まつり」と「あたみ桜糸川桜まつり」のポスターを広げて梅と桜の両まつりについて説明、誘客への協力を求めた。芸妓衆は4月28日、29日に開催される「熱海をどり」が今年30回目の節目を迎えることを説明。静さんが招待状とともに熱海梅園の紅白の梅を贈り、「ぜひいらしてください」と歓談した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る