熱海でもスーパームーン観測、20日午前2時 明るさ3割増量

月が地球に近付き、満月が普段より大きく見える「スーパームーン」が2月20日午前2時ごろ、熱海でも観測された。19日は低気圧の前線の影響で雨が降り、熱海市街は夜になっても雲に覆われたが、日にちが変わり、強い風のおかげで、薄い雲の雲の切れ間から姿を現した。
今回は月との距離が約35万7700キロに接近。国立天文台によれば、今年最も小さな満月となる9月14日により、約14%大きく、約30%明るいという。
4月から始まる大型観光企画「静岡ディスティネーションキャンペーン(DC)」のポスターでも、伊豆東海岸の「ムーンロード(月の道)」は誘客の目玉になっており、熱海も月の名所として売り出している。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-19

    熱海富士、12日目で念願の十両勝ち越し V争いでは1差で追走

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)12日目の5月19日、十両2場所目の熱海富士(伊勢ヶ濱)は、大翔鵬(…
  2. 2022-5-19

    【お悔やみ】橋本政夫さん(熱海市小嵐町)5月16日死去

    橋本政夫さん(はしもと・まさお)5月16日死去、85歳。熱海市小嵐町。通夜19日午後6時。告別式20…
  3. 2022-5-19

    自民・阿達参院議員 20日午後6時〜熱海芸妓見番で国政報告会 

    自民党の阿達雅志参議院議員(全国比例)は、5月20日午後6時から熱海芸妓見番で国政報告会を開く。自民…
  4. 2022-5-18

    熱海土石流 58億円賠償求める裁判始まる 前・現所有者側争う姿勢

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した土石流災害をめぐり、崩落した盛り土のあった土地の前・現所有者ら8人と…
ページ上部へ戻る