伊豆山郷土資料館に多くの人、天皇陛下在位30年で無料開放

天皇陛下の在位30年を祝う国の記念式典が東京・国立劇場で行われた2月24日、熱海市では慶祝事業として伊豆山神社境内の市立伊豆山郷土資料館が無料解放された。
同資料館には、県指定文化財「走湯権現立像」や「宝冠阿弥陀如来像」などの伊豆山神社の宝物を中心に伊豆山地区に伝わる、貴重な郷土資料を展示しており、終日多くの市民や参拝者が訪れた。
熱海中剣道部1年の和田葵さん(熱海市昭和町)は、祖父の員昌さんとともに訪れ、「刀剣」に関する資料を熱心に見入っていた。小学生時代に日本刀を擬人化したアニメ「刀剣乱舞」で日本刀に興味を持ち、中学から剣道を始めた女流剣士。
休日には員昌さんと東京や京都で開かれる刀剣の展覧会にも足を運ぶという。目が真剣ー。
(熱海ネット新聞・松本洋二)


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-27

    【お悔やみ】津田博之さん(熱海市中央町)2月25日死去 友楽町町内会長

    津田博之さん(つだ・ひろゆき)2月25日死去、80歳。熱海市中央町3の10。バー「メキシコ」。有楽…
  2. 2021-2-26

    熱海市で新たに1人がコロナ感染 高齢でない成人 県内陽性者との接触で 

    静岡県は2月26日、熱海市に住む高齢でない成人1人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。…
  3. 2021-2-26

    【お悔やみ】有賀輝夫さん(熱海市上多賀)2月24日死去

    有賀輝夫さん(ありが・てるお)2月24日死去、90歳。熱海市上多賀26。出棺3月2日午前11時、J…
  4. 2021-2-25

    市長も愕然 昨年の熱海市の宿泊客数、40%減の185万人 過去最低を記録

    熱海市は2月25日、昨年(2020年)の年間宿泊客数が185万6884人だったと発表した。前年比で…
ページ上部へ戻る