オーラスで幸運の梅「開運」開花 472本の梅の木、すべて出そろう


気温19度、4月中旬並みの暖かさとなった3月11日、熱海梅園でもっとも遅く咲く「開運」がピンクの花を咲かせた。これで園内の59品種472本の梅の木がすべて出そろった。全国には名前にちなんでこの花を使い、「開運うめまもり」を販売する神社もある。近年、熱海梅園でもこの梅の写真をお土産に持ち帰ったり、SNSで発信したりするのがブームになっている。遠方で来園できない方は、本紙の写真をお役立てください。
園内では遅咲きの乱雪・白獅子の真っ白の花が満開。春の陽光を浴びて一層輝き、本格的な春の訪れを感させてくれる。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-2

    師走迎え、梅の花芽の目覚め進む 大盃も咲きこれで4種開花

    j師走を迎えた熱海梅園でt梅の花芽の目覚めが進んでいる。12月1日は新たに大盃(おおさかずき)が花を…
  2. 2021-12-1

    萌える紅葉 熱海の紅葉狩り名所、MOA美術館「茶の庭」

    (さらに…)…
  3. 2021-12-1

    熱海梅園で「紅梅」八重寒紅が開花、上皇陛下への献上梅出そろう

    紅葉のピークを迎えている熱海梅園で11月30日、紅梅の八重寒紅(やえかんこう)が開花した。白梅の冬至…
  4. 2021-12-1

    来年3月の東伊豆町長選 元参院議員岩井茂樹氏氏が立候補表明

    6月の静岡県知事選に出馬して敗れた元参院議員の岩井茂樹氏(53)が11月30日、東伊豆町町内で会見し…
ページ上部へ戻る