ワッショイ、ワッショイ! 御鳳輦、威勢の良く巡行/伊豆山神社厄年奉賛会

伊豆山、来宮、今宮3神社の厄年奉賛会の先陣を切って「伊豆山巳午友志童會(みうまゆうしわっぱかい)」(小川浩和会長)が4月15日、伊豆山神社例大祭で御鳳輦(ごほうれん)を担ぎ、ご神幸行列を盛り上げた。
江戸時代から続く伝統の「石段下り」では、黒帽子に深い緑色の装束をまとった42歳の厄年を迎えた会員たちが、「ワッショイ、ワッショイ」と威勢の良い掛け声を上げながら勇壮に歩みを進め、海岸近くの下宮(しもみや)を目指した。厄年奉賛会の会員の地元町内ではそれぞれが万歳を三唱。会員や町内会の人たちから祝福を受けた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■御鳳輦(ごほうれん)大厄の42歳を迎える男子が節分から翌年の節分まで氏神様に仕え、ご奉仕することで厄を逃れる。伊豆山神社厄年奉賛会として代々引き継がれている。平成31年度は昭和52年4月2日~53年4月1日生まれの伊豆山小の卒業生で構成。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
  2. 2022-8-9

    行動制限のないお盆休み近づき、熱海海上花火大会は全盛期の賑わい

    (さらに…)…
  3. 2022-8-8

    花火大会の当日効果 熱海サンビーチ、家族連れらの宿泊客でにぎわう

    熱海海上花火大会が開催された8月8日、熱海サンビーチなど市内3海水浴場は、東京、神奈川からの観光客で…
  4. 2022-8-6

    2022年最大の熱海海上花火大会 「ドドーン」豪快響き、夜空彩る

    熱海海上花火大会の夏季シリーズ第2弾が8月5日、熱海湾を舞台に繰り広げられた。午後8時20分…
ページ上部へ戻る