特設舞台で伝統の「神女・実朝の舞」厳かに 伊豆山神社例大祭・下宮祭

伊豆山神社例大祭の「神輿下り」があった神幸祭では、837階段の664段まで下った広場で下宮祭が斎行された。特設舞台で氏子の小中学生たちが伝統の「神女(しんにょ)舞」と「実朝の舞」を奉納した。大勢の市民や観光客が訪れ、家内安全や国の繁栄を祈願。その後、神社に戻り、還御祭が厳かに執り行われた。
(熱海ネット新聞)
■「神女」舞奉仕者 高橋凛、鉄地河原詩乃
■「実朝の舞」高橋奏音(実朝)島凰花、豊嶋彩生、中田憂生、小沢ゆり




関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-26

    「ホタル」の夜間飛行始まる 熱海梅園でいくつもの光跡確認

    「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(6月1日〜12日)を前に5月26日夜、熱海梅園の園内を…
  2. 2022-5-25

    9月市長選 斎藤市長、出馬の明言避ける 百条委員会の結論待って断 

    熱海市の齋藤栄市長は5月24日、今年9月13日に4期目の任期を満了する熱海市長選(9月4日告示、11…
  3. 2022-5-25

    熱海梅園で梅の実を収穫800キロ、梅干しや梅まんじゅうに活用

    熱海梅園で5月23日〜25日、梅干しや梅まんじゅうに使う梅の実の収穫があった。園内には60品…
  4. 2022-5-22

    熱海海上花火大会 春季シリーズ最終回 雨の降り出しが遅れ、ホッ!

    今年度4度目の熱海海上花火大会が5月21日あり、午後8時20分〜40分に3000発を打ち上げ…
ページ上部へ戻る