28日から「熱海をどり」 撥扇(はっせん)を炊き上げ、公演の成功祈願

熱海花柳界最大の公演「熱海をどり」(主催・熱海芸妓置屋連合組合)が4月28、29日の両日、熱海市の熱海芸妓見番歌舞練場で開催される。1990年の見番の大改修を記念して始まり、今年で30回目。
演目は創作囃子(はやし)「神寿之段」、常磐津「釣女」、端唄・俗曲による小品集「三重襲(みえがさね)百花繚乱(りょうらん)」の3景で構成。立方、地方合わせて30人以上の芸妓衆が華やかな舞台で美しい舞を披露する。

「熱海をどり」を前に、出演する芸妓衆らは、熱海花柳界の始祖・故坂東三代吉師匠の菩提寺である市内上宿町の大乗寺で「撥扇(はっせん)塚供養祭」を行い、成功を祈願した。この1年、芸事の稽古や宴席で壊れたり、使えなくなったりした三味線の糸やバチ(撥)、扇などを焚きあげて供養するもので1992年から毎年この時期に開いている。土屋貫大副住職が読経と祈祷を行い、芸妓を代表して琴千代さんが祭文を読み上げた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■料金 自由席4千円、指定席4千5百円、座敷席1万5千円(記念品付)
■開演時間 第一部 11:00開場 11:30開演
第二部 14:00開場 14:30開演

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-26

    「ホタル」の夜間飛行始まる 熱海梅園でいくつもの光跡確認

    「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」(6月1日〜12日)を前に5月26日夜、熱海梅園の園内を…
  2. 2022-5-25

    9月市長選 斎藤市長、出馬の明言避ける 百条委員会の結論待って断 

    熱海市の齋藤栄市長は5月24日、今年9月13日に4期目の任期を満了する熱海市長選(9月4日告示、11…
  3. 2022-5-25

    熱海梅園で梅の実を収穫800キロ、梅干しや梅まんじゅうに活用

    熱海梅園で5月23日〜25日、梅干しや梅まんじゅうに使う梅の実の収穫があった。園内には60品…
  4. 2022-5-22

    熱海海上花火大会 春季シリーズ最終回 雨の降り出しが遅れ、ホッ!

    今年度4度目の熱海海上花火大会が5月21日あり、午後8時20分〜40分に3000発を打ち上げ…
ページ上部へ戻る