風薫る5月、薄紫色の花咲き誇る 自生のフジが甘い香り/熱海市・笹良ケ台

熱海市街から姫の沢公園に向かう笹良ケ台バス停上の糸川起点付近に自生するフジの花が今年も見ごろを迎えた。房状に垂れ下がった薄紫色の可憐な花がほのかな甘い香りを漂わせ、西熱海ゴルフコースや姫の沢公園に向かうレジャー客の目を楽しませている。
安全なところに車を止めてしばしの森林浴、リフレッシュする人もいる。日一日と咲く花が増えており、新葉の緑と空色に藤色がよく映える。風薫る5月ー。
(熱海ネット新聞・花取材班)
写真=5月9日撮影


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  2. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
  3. 2022-8-9

    行動制限のないお盆休み近づき、熱海海上花火大会は全盛期の賑わい

    (さらに…)…
  4. 2022-8-8

    花火大会の当日効果 熱海サンビーチ、家族連れらの宿泊客でにぎわう

    熱海海上花火大会が開催された8月8日、熱海サンビーチなど市内3海水浴場は、東京、神奈川からの観光客で…
ページ上部へ戻る