ウィーン少年合唱団「熱海公演」 1800人が「天使の歌声」にうっとり

「天使の歌声」として広く親しまれているウィーン少年合唱団の熱海公演が、5月10日、市内桃山町の救世会館大ホールで開催された。セーラー服スタイルの制服に身を包んだ、日本の小学校5年から中学校2年に当たる26人が天使の歌声を披露、市内外から駆けつけた1800人の観客を魅了した。
この中には、熱海公演実行委員会が招待した市内全小学の6年生と全中学の2・3年生の500人も含まれている。同実行委員会は3年間の開催を計画しており、この間に現在在学している市内小中学校の児童、生徒全員に世界で活躍する同少年団のステージを体感してもらい、情操教育につなげたいとしている。
公演に先立ち、MOA美術館応接室でグレゴール・チェルスオーストリア駐日公使を招いた公式歓迎会があり、実行委員会の小掠郁乃代表、齋藤栄市長らが出席。日本とオーストラリアの友好150周年を記念したウィーン少年合唱団熱海公演を祝い、交流を深めた。
(熱海ネット新聞)
写真=公演は撮影禁止のため、資料

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  2. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
  3. 2022-8-9

    行動制限のないお盆休み近づき、熱海海上花火大会は全盛期の賑わい

    (さらに…)…
  4. 2022-8-8

    花火大会の当日効果 熱海サンビーチ、家族連れらの宿泊客でにぎわう

    熱海海上花火大会が開催された8月8日、熱海サンビーチなど市内3海水浴場は、東京、神奈川からの観光客で…
ページ上部へ戻る