初川のカルガモ親子、今年で見納め⁈ 防災対策の河川整備で中州を掘削

熱海市民に親しまれてきた熱海市渚町の初川・初川橋付近(ドコモショップ熱海店前)で子育てするカルガモの親子が、今年で見納めとなりそうだ。静岡県が進める糸川・初川・和田川の河川整備計画に伴い、今年6月から初川河口の中州等の掘削工事が始まるためだ。気候変動に伴う降雨の激化による河川氾濫や土砂災害、相模トラフ地震などの津波に備えるのが狙い。
初川河口では、今年も4月から3組のカルガモが子育てし、現在も2羽がすくすく成長中。しかし、河川整備で水辺の草むらがなくなれば、営巣することも、天敵のカラスから身を守ることもできない。
毎年、カルガモの見守りを続けてきた近隣住民からは「洪水や津波対策も大事だが、カルガモを思うと、自然環境が変わるのはちょっと残念」の声が聞かれた。
熱海市は、昨年2月に「糸川・初川・熱海和田川水系流域委員会」を立ち上げ、市民や地元企業などと協同で観光地熱海に相応しい河川計画を検討していた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-16

    伊豆山土石流 遺族らが齋藤市長を告訴・告発、市長選を前に異例の事態

    昨年7月3日の熱海市伊豆山で起きた大規模土石流を巡り、犠牲者遺族ら4人が8月16日、齋藤栄市長(59…
  2. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  3. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  4. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
ページ上部へ戻る