初川のカルガモ親子、今年で見納め⁈ 防災対策の河川整備で中州を掘削

熱海市民に親しまれてきた熱海市渚町の初川・初川橋付近(ドコモショップ熱海店前)で子育てするカルガモの親子が、今年で見納めとなりそうだ。静岡県が進める糸川・初川・和田川の河川整備計画に伴い、今年6月から初川河口の中州等の掘削工事が始まるためだ。気候変動に伴う降雨の激化による河川氾濫や土砂災害、相模トラフ地震などの津波に備えるのが狙い。
初川河口では、今年も4月から3組のカルガモが子育てし、現在も2羽がすくすく成長中。しかし、河川整備で水辺の草むらがなくなれば、営巣することも、天敵のカラスから身を守ることもできない。
毎年、カルガモの見守りを続けてきた近隣住民からは「洪水や津波対策も大事だが、カルガモを思うと、自然環境が変わるのはちょっと残念」の声が聞かれた。
熱海市は、昨年2月に「糸川・初川・熱海和田川水系流域委員会」を立ち上げ、市民や地元企業などと協同で観光地熱海に相応しい河川計画を検討していた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-5-5

    端午の節句、こいのぼり51匹が舞う 突風のりこえ、GW最終日まで優雅に

    5月5日は端午の節句。熱海市の姫の沢公園では51匹のこいのぼりが飾られ、行楽客の目を楽しま…
  2. 2021-5-4

    熱海市で70女性のコロナ陽性確認 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は5月4日、熱海市に住む70代の女性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱海市1…
  3. 2021-5-4

    飲食販売テークアウトで「GW特設市」 コロナ禍のイベント開催に一石

    熱海市の多賀観光協会は5月1日〜5日までの5日間、長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」…
  4. 2021-5-3

    知事選•岩井氏支援の勝俣衆院議員、藤曲県議の熱海遊説中止 交通渋滞で

    自民党静岡県連が5月3日に熱海市で予定していたキャラバン遊説は、GWの交通渋滞のため、中止になった…
ページ上部へ戻る