駐日ウクライナ大使、熱海国際映画祭で舞台あいさつ 大鵬さんゆかりの作品PR

熱海市のホテルサンミ倶楽部で6月28日、第2回熱海国際映画祭コンペティション部門の応募作品の上映が始まった。トップバッターはウクライナの作品「Hutsulka Ksenya(ハルツカ・クセーニャ」」。アメリカの男性がウクライナを訪れて現地の人と交流するミュージカル風の作品。上映前には駐日ウクライナ特命全権大使のイーホル・ハルチェンコ氏が家族とともに駆け付け、来場者に舞台あいさつを行った。
「Hutsulka Ksenyaはウクライナ国民なら誰でも知っている国民的ソング。大相撲の大鵬幸喜さんのお父さんはウクライナ人で、お母さんが日本人。生まれたのが1940年で、今日の映画はその前年の1939年が舞台。第二次世界大戦が勃発し、混乱するウクライナを描いている。今日は大阪で大きな国際会議が開かれているが、私にとっては熱海の映画祭の方が大事。映画祭が開催され、映画を通してウクライナのことを知ってもらえたことに感謝する」と述べ、同作品をアピールした。
ホテルサンミ倶楽部では、30日までコンペティション部門の長編および企画上映映画、新作招待映画が上映される。
(熱海ネット新聞)
lastfinal上映タイムテーブル

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-16

    伊豆山土石流 遺族らが齋藤市長を告訴・告発、市長選を前に異例の事態

    昨年7月3日の熱海市伊豆山で起きた大規模土石流を巡り、犠牲者遺族ら4人が8月16日、齋藤栄市長(59…
  2. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  3. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  4. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
ページ上部へ戻る